フランス語勉強法(初級、上級者、単語、独学)を解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

フランス語勉強法(初級、上級者、単語、独学)を解説!

勉強のポイントや2ch口コミなどをまとめました。

フランス語勉強

初心者のフランス語の勉強法は?

具体的な勉強法としましては、フランス語に触れる機会を多く持つことです。
初心者のうちは発音に慣れないと、リスニング(聞き取り)も上手くできることはありません。
まず、初心者のうちはフランス語の発音に慣れること、そしてフランス語に触れる機会を多く持つことが、最適な勉強方法ではないでしょうか。

フランス語の発音を良くする近道は、フランス語を形成している26個のアルファベットすべてを正確に発音できるようにすることです。
ちょっと初心者にはハードルの高い勉強方法かもしれませんが、まずはフランス語を聞き取れるようにならなければなりません。
その前の段階として、アルファベットの発音があるのです。
英語では見慣れた表記ではありますが、発音が全く違っています。
しかし、逆に言えばこれらを組み合わせてフランス語が成り立っているのです。
一つ一つを正確にマスターすることができれば、できればフランス語に読み方のカタカナを振るのではなく、国際発音記号を使用しましょう。
英語の勉強で使用したことのある人はいいのですが、フランス語に加えて、濃く愛発音記号も勉強しなければならないことは面倒に見えます。
けれども、これから長い期間を見据えれば、マスターしていることに越したことはありません。
初心者のうちから、確実な勉強方法を身に着けておいてくださいね。

上級者のフランス語の勉強法は?

具体的な勉強法としましては、とにかく毎日少しでもフランス語の文学などにふれることです。
そして、自分自身で書いてみることで定着していきます。

フランス語で講義を受ける必要がある場合、フランス語で発表などしなければならないなど、フランス語が日常会話から一歩踏み込んで必要になる場合もあるでしょう。
初級文法を一通り終えた人には、NHKが世界向けに放送しているフランス語番組があります。
一度は目にしているような最新のニュースをフランス語で放送していますので、理解しやすいのではないでしょうか。
また、フランス語の用途に合わせて必要な文章を書き写してみるというのも、勉強方法の早道です。
状従者は、大学のテキスト、仕事で使用するプレゼンの資料など。
これらは、専門用語も入っていますので、すぐに応用ができるのではないでしょうか。
さらに、興味のあるフランス文学を書き写してみることも一つの手段です。
実にさまざまな文章表現を知ることができでしょう。
上級者にとっても、初めて触れる言い回しなどがあるかもしれません。

フランス語の単語の勉強法は?

フランス語の勉強法の中でも、単語に絞った勉強法を紹介しましょう。
フランス語で日常会話をできるようになるには、3000もの単語が必要であるといわれています。
その、最初の難関と言っても過言ではない単語の勉強法はどのようにおこなっていけばいいのでしょうか?

フランス語のもっとも特徴的というべきものに、男性名詞と女性名詞があります。
初心者のうちから、わからない単語がでてきたら、男性名詞と女性名詞の色を区別して、ノートやスマホに入れておくことです。
10個ほど貯まったら、ノートに各10回書き写し、10回朗読することで、いったん終了とします。
新しい単語に出会うたびに、以上のことを繰り返すのです。
継続は力なり、と言いますが手で覚え、朗読することにより記憶に残りやすくなります。
こうした繰り返しの勉強法は、学習内容のレベルが上がっても変わることなく使える勉強法ではないでしょうか。

フランス語の勉強法は独学だとどんな感じから始めればいい?

フランス語に限らず、何かを独学しようとする場合、まずは本を購入しようと思うはずです。
けれども、近年では高価なものから安価なものまで、幅広く書店に置かれています。
どれを購入するか迷ってしまうと思いますが、予算と、自分がとっつきやすいいと思ったもので充分です。
テキストによってはCDが附属してくるものもありますので、これで発音を覚えることもできます。
独学といえば、NHKのテレビ講座を使用しての勉強法があげられます。
生の発音に触れることができますが、一方通行ですので会話ができません。
面白みに欠けてしまうということ、週一回のため見逃してしまう心配があります。
けれども、無料でレッスンできるというメリットも大きく、話も進んでいきますので、独学では飽きにくい教材ではないでしょうか。

フランス語勉強まとめ

上記からポイントを絞ると
・日常会話に必要と言われている、3000語の単語をマスターすること。
その前の段階として、アルファベットの発音をマスターすることも忘れてはいけません。
・少しでも、フランス語に触れる時間を増やすことがポイントです。
・上級者は、大学で使用するテキストや文献を書き写しましょう。
・独学の場合には、自分が使いやすいと思ったテキストを選びましょう。
NHKのテレビ講座を利用することで、生の発音に触れることができます。

という形になりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!