センター試験のリスニング勉強法を詳しく解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

センター試験のリスニング勉強法を詳しく解説!

おすすめ対策や2ch口コミなどをまとめました。

センター試験リスニング勉強法

センター試験のリスニングってどんな感じなの?

大学受験のために、まず受けなければならないのがセンター試験です。
センター試験で取った点数によっては、希望している大受験を受けることができない場合もあるのです。
大学受験生にとっては、第一の関門と言っても過言ではないのではないでしょうか。
そのセンター試験での英語、特にリスニング問題の難易度はどれくらいなのでしょう。
センター試験に関する資料によりますと、全科目ともに平均点が6割になるように作成されているということです。
センター試験に関しては、問題集などが豊富に販売されているため、
対策さえしきちんとしていれば、高得点を狙えるテスト
であると言われています。
高校生活の締めくくりのような試験ですが、早いうちからセンター試験に目標を絞って計画的に勉強を行っていけば、難易度は自ずと下げることができるのではないでしょうか。

センター試験のリスニングの勉強法を解説

ここでは、センター試験のリスニング問題について、勉強方法を見てみたいと思います。
まずは、過去も問題を解いてみることです。
塾などのテストでもいいのですが、現在の自分の実力はどれほどであるのか、客観的に見ることができるデータが必要です。
次に、自分はリスニングで何点取ることができれば充分であるのかを決めます。
受験する大学や、他の科目の点数によってもリスニングの重要性が異なるでしょう。
リスニングに力を入れなくていい場合には、そのことをはっきりを自覚し、他の勉強に力を注ぐようにします。
リスニングが重要であることが自覚できたのであれば、ここから腰を据えて勉強するしかありません。
その上で、まずは学習計画を立てます。
決められて時間の中で、参考書や過去問題集、問題集をどれくらいやるのかを、自分の身の丈に合せて決めるのです。
リスニングでは、語彙力が不可欠と言われています。
特に、センター試験では長文や文法を中心に、勉強することがコツです。
一方で、アクセントや発音は配点が少ないので、あまり重要視しなくても良いと言われています。
こうした仕組みを理解して、勉強の計画を立ててみて下さい。

センター試験おすすめのリスニング対策は?

センター試験のリスニング問題の対策としては、
過去問題やリスニング問題集で対策すること
が一番のようです。
リスニング対策のためのテキストも、現在は豊富に出版されています。
語彙を増やすために、単語や熟語を覚える必要もありますが、実際の長文問題の中で使用されているものを見た方が早く覚えることができます。
中には、何度読んでも覚えることができないものがあるでしょうが、そうしたものだけ書いて覚える感じで充分のようです。
また、
NHKラジオ基礎英語や英会話入門
を聞くという手段もあり、おすすめです。
ネイティブ英語に慣れることと、集中することにより本番のリスニング対策ができるのではないでしょうか。
問題を読み上げられることに集中して耳を傾けられることも、重要であると考えます。
もう一つのおすすめは、問題集に付属しているCDを繰り返し聞くことです。
CDが足りないと感じた時には、学校の英語教師に教材を録音することを相談してみてはいかがでしょうか。

2chで言われているリスニングの勉強法はどんなのがある?

2chではこんなリスニング勉強法が書かれていました。

教材によるリスニング勉強法

リスニングが苦手な人にも幅広く対応しています。
難易度、レベルに合わせてゆっくり読み上げるものもあるようです。
自分のレベルに合わせてスタートできるのは嬉しいですね。
2chでは利用している人が多いようでした。

洋楽を真似しながら聴く

大好きなアーティストがいたので真似していた、とのことですが、気が付いたら友人から「発音上手くなったね」とまで言われたそうです。
好きこそものの上手なれ、ですね。

リスニングを聞き取れるようになるには、語彙力、音声知識が必要。

身につけるには、自分自身も英語のリズムや音の消失などを身に着けるといい。
同じスピードで喋る力が身に付くと、リスニング問題を聞きとる力も身につきます。
喋る、音読する練習も勉強方法の一つのようです。

センター試験のリスニングは、英検3級の教材レベルで大丈夫。

NHKAM第二でやっている、基礎英語を聞いていれば、センター試験のリスニング勉強は充分だと思った。
とはいえ、繰り返し聞いてみることが必要なのかもしれません。

リスニングについては、他の教科の学習方法と違い、耳で慣れる方法が近道であるように書かれていますね。
実際に聞きとり、理解しているのかを問われえている出題なのですから、勉強方法もそれにそう形にすれば近道であるようです。
無理のない方法で、とにかく英語に触れる環境を作り出すことが必要であります。
ラジオでも洋楽でも教材でも、ネイティブかあるいはそれに近い英語の音源を手に入れましょう。

リスニングのポイント

ポイントを絞ると

・テキスト、過去過去問題集を解く。
・長文問題から単語、語彙力を身に着ける。
・集中して問題に耳を傾け、理解する力を身に着ける。
・洋楽、ラジオ、教育番組を利用し、常にネイティブに近い英語を聞きる環境を作る。

という形になりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!