高校の化学の勉強法を詳しく解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

高校の化学の勉強法を詳しく解説!

センター試験や基礎勉強方法、おすすめ参考書など解説します

化学の勉強法

化学の基礎勉強法ってどんなの?

化学はどのように勉強をしていけばいいのか悩む人が多いと思います。
化学は専門用語がたくさんあるので、まずは最初に科学用語をきちんと理解していくことから始めましょう。
そのとき、なんとなく覚えるのではなくてその科学用語の意味を自分で他の人に説明できるように覚えます。
化学は物理や数学に比べると理解するのに難航するということは少ないです。
化学は暗記することが中心となってきます。
なのでいきなり演習問題をやろうとしても、覚えることが多すぎて理解や記憶が追い付かなくなることが多いです。
ゆえに、毎日少しずつ覚えるようにしていくのがコツです。

化学の勉強法具体例

まずは化学用語を覚えてしっかり基礎知識を蓄えることから始めます。
化学を勉強していると様々な実験が出てきます。
日ごろから【なぜ、どうして】を考えるようにしましょう。
疑問に思ったことは後で必ず調べるようにして、考える力を身につけます。
覚えた知識を整理しながら深く理解していくことが大切です。
もし自分が受験生ならば、入試問題は知識の戦いになります。
化学は基礎知識を応用して問題に挑むものですので、演習問題集と共に理論化学などの書籍を買って勉強するのが有効です。

2chではどんな化学の勉強法がいいって言われてる?

2chでの口コミをまとめてみると
・自分が先生だと想定して、化学を人に教えられるように理解する
・知識を蓄える
・たくさんの演習問題をやる
・疑問に思ったことはすぐに調べる
・化学反応式が自由自在に作れるようにする

のような意見がありました。
やはりどの意見を見ても、化学で重要なことは覚えることのようです。
確かに、計算に使う方程式が分からなければその分野の問題は何一つ解けないものとなってしまいます。
化学の記号も覚えるだけですが、覚えなければ応用した問題を理解することはできないでしょう。
化学の勉強法はつまるところ、知識を整理しながら理解していくことに尽きます。
評価されていた勉強法は【自分が先生で、人に化学を教える場面を想定する】というものです。
人にモノを教えるにはしっかり内容を理解していなければなりません。つまりはそういうことでしょう。

センター試験の化学の勉強法

化学という科目はセンター試験で理科4科目の中で最も点が取りやすいとされています。
覚える量は物理が一番少ないですが、逆を言えば覚えることができれば化学は点が取りやすいということです。
ここで絶対に覚えてもらいたいのが、化学は一長一短で身につけられる科目ではないことです。
数学ならば公式を覚えて応用問題を多少やれば点数が取れるものですが、化学はそうはいきません。
かといって、根を張りつめすぎるのもよくないので、やはり有効な勉強法は毎日少しずつやることです。
一夜漬けは以ての外、学校で習ったことは帰ってから必ず復習します。その際に、次の授業でやる範囲を予習しましょう。
反復することによって化学に対して理解を深めることが出来るのです。

おすすめの参考書

無機化学反応が面白いほどわかる本

反応の種類別に整理されていてとても分かりやすく書いてあります。
化学反応の書き方について詳しく教えてくれるテキストです。
漫画チックに書いており、化学が嫌いなヒト・苦手なヒトでも受け入れやすい一品です。

大宮理の化学有機化学編が面白いほどわかる本

この本は筆者の説明が細かく書いており、化学初心者にも理解しやすくなっています。
化学が嫌いなヒトでも受け入れやすいです。
初心者用のテキストなので、こちらのテキストで知識を生めながら応用問題と一緒に買った方がいいと思います。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!