地学の勉強法の効果を解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

地学の勉強法の効果を解説!

センター試験の地学の勉強ってどうすればいい?

地学勉強法

地学の勉強法ってどんなの?

「地学」は地球や天文の領域を学ぶ教科ですが、選択者が他の理系科目に比べて大変少ないのが特徴です。
そのため、問題集や参考書についても材料が少ないのが懸念点ですが、それを逆手にとった勉強法で準備を簡潔に行い、安定して得点を重ねることに繋げたい教科でもあります。
地球物理から天文、自然環境など基礎をしっかりと学ぶこと、計算はもちろん、図の読み取りや描画が課されるケースもあるためそれぞれの問題形式に対策を立てておくことが求められます。

地学の勉強法具体例

地学という教科の括りの中でも、各出題分野ははっきりと分かれ、独立性は高い教科です。
それぞれについて自分の理解度を把握しながら、苦手な領域をつくらないようにしなければなりません。
範囲は多岐に及ぶものの、出題できる内容は限られているため、各領域での出題傾向を把握しておくことが大切です。

また、受験人数の関係で、地学は情報量が他教科に比べて少ないことも不安を感じさせる要因ですが、問題集も限られていますし、ポイントは絞りやすい教科です。

地質図の読み取りや描画などはしっかりとした対策があれば、得点源となる分野でもあります。
情報量が少ないことを逆手にとって、横断的に勉強するよりも、各領域だけを取り出して集中的にポイントを絞って問題集や過去問にあたることで、それぞれの分野での出題傾向を把握することができます。

2chではどんな地学の勉強法がいいって言われてる?

2chでの口コミをまとめてみると

2chでの口コミをまとめてみると
・範囲が多岐に及ぶので、分野ごとに整理して取り組む
・地質平面図など対策が必要な分野については熟読して描画する
・過去問で間違えた部分は直接参考書に書き込みをして強化する
・優しい参考書から入って概要をつかんでから、難しめの参考書でレベルアップをはかる

のような意見がありました。

地学はマーケットが広くないため、受験生も工夫して取り組むことが必要です。
数少ない参考書の中から、自分のレベルにあわせた2冊を上手に使い分けることが地学攻略の鍵となるようです。
また、基礎的な知識の暗記量も一定程度ありますので、定着をはかるためには書いて覚える作業が必要です。
一方で、計算問題や描画問題などについては量をこなしながら得点源にできると差をつけられると思われます。

センター試験の地学の勉強法

センター試験の地学は、範囲は他分野で多岐にわたるものの、出題できる内容については傾向がある程度顕著なので、過去に出題された内容についてきちんと理解できるように、過去問と参考書を往復する勉強法が有効です。

試験内でも時間的なゆとりは他教科に比べると大きいため、計算問題や図の読み取りについては正確におこなって得点源とすべきです。

おすすめの参考書

「きめる!センター地学Ⅰ」(学研)

全体の流れを理解するには必要な一冊。テーマごとのキーワードもわかりやすく、丁寧に解説がされていて独学者の助けにもなります。覚え方についても示されていたり、コラムで頭のリフレッシュを図れたり、構成もシンプルで便利な一冊に仕上がっています。

「センター地学Ⅰ 9割GETの攻略法」(語学春秋社)

地学に必要な基礎的な知識が網羅されている良書。自身の知識がどの程度まで及んでいるのかチェックするのに重宝する一冊です。復習がてら、手元において見返すことで、知識の定着を図ることができるでしょう。試験当日でも見返す時間がとれるとちょっと安心できます

地学勉強まとめ

上記からポイントを絞ると

・分野ごとにテーマやキーワードをはっきりさせて覚える
・計算問題や図の読み取りについては、回数をこなしてマスターする
・過去問を繰り返して、傾向を擦り込んでおく

という形になりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!