漢文の勉強法(センター試験、基礎)を詳しく解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

漢文の勉強法(センター試験、基礎)を詳しく解説!

センター試験や基礎勉強方法、おすすめ参考書など解説します

漢文の勉強方法

漢文の基礎勉強法ってどんなの?

高校受験や大学受験で漢文に苦手意識を持っており、不安と感じるならば克服しましょう。
漢文は高校の科目で最も簡単なものと言われています。
漢文こそが最も点数を稼げる科目だと認識しておきましょう。
漢文の基礎を塗り固めるだけで演習問題をこなすことができます。
漢文においての基礎知識は「句形」なので、まずはこちらを抑えましょう。
読解問題で分からない漢字や句形が出てきた時はマーカーに線を引くなどして印を付けて覚えましょう。

漢文の勉強法具体例

漢文というのは、とにかく他の科目に比べて簡単な方なので確実に点数を取っていきたいところです。
漢文の勉強法は、手っ取り早く漢文句形の演習問題をひたすら解いていくに尽きます。
間違えた問題はチェックして、その日の分の勉強を終えたら最後に間違えたところの問題をもう一度チャレンジしていきましょう。
漢文の演習問題をやりすぎて飽きてしまったところで文章問題に手を付けて頭を切り替えた方がいいです。
単純な流れ作業のように勉強をしていては覚えられるものも覚えられなくなってしまいますので…。
句形や文章問題の基礎を塗り固めたのち、過去問に手を出していくのがベストだと思われます。

2chではどんな漢文の勉強法がいいって言われてる?

2chでの口コミをまとめてみると
・ドリルをひたすらやって体で覚える
・文法・句形の知識は最初に習得して整理をする
・読解問題は文を読めるようにする
・声に出して読む
・単語をひたすら暗記する

のような意見がありました。
漢文もいわば暗記系の科目なのかもしれません。
いまではポケットドリルという、ポケットにしまっておけるサイズの漢文暗記用テキストもたくさん売っていますので、それを手元に、バスなどの移動時間でも勉強できるようにしましょう。

センター試験の漢文の勉強法

センター試験の漢文は出題範囲を絞り込むのは難しいものです。
なので、多訓多義語と句形句法はしっかり覚えておく必要があります。
漢文の勉強は、英語と同じように読んで覚えるほうが効果が高いです。
声に出して音読をしながら、同時に分かりづらいところはマーカーでアンダーラインを引いてチェックしましょう。
その後、返り点をつける練習をします。
ただし、何度も復習ができるよう、問題集にそのまま書き込まないでください。
漢文が苦手な人はたいてい返り点も苦手です。
何度も練習をして覚えていきましょう。

おすすめの参考書

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門

内容:基礎の基礎から学ぶための本であり、これから漢文の勉強をしようとしている人にはこれがオススメされます。
これと一緒に応用問題集を解いていくのがべストです。

基礎からのジャンプアップノート漢文句法・演習ドリル

内容:漢文の必要事項が全て収集されている優れものです。
句形だけでなく文章問題も充実していることで評価が高い書籍となっています。

漢文勉強まとめ

ポイントを絞ると

・声に出して読む
・移動時間などを有効に使う
・返り点は簡単なので苦手意識を持たない方が良い

という形になりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!