社会の勉強法を解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

社会の勉強法を解説!

社会の勉強法ってどうすればいい?

社会の勉強法

社会の勉強法ってどんなの?

社会科は暗記した内容が点数に直結しやすいため、得点を安定して伸ばしやすい教科であるといえます。
 昨今は暗記のみならず、思考力を問われるような問題も出題されていますが、学ぶべき内容のインプットの仕方が間違っていなければ、十分に得意教科していくことのできる教科です。

地理・歴史・公民(現代社会)と体系立てて分野分けされていますが、分野毎に隅々まで覚えなければいけないと思うと、負担が大きく感じられてうまく頭が整理できません。
勉強法としては、覚えるべき核となる事柄について、ポイントを絞って整理することが有効です。

基礎がある程度しっかりしてくれば、実際に演習問題にとりくむなかで、自分の現在の知識への肉付けがどの程度必要なのかがわかるはずです。大事なのは肉付けをし過ぎて、負担を大きくしすぎないことです。

社会の勉強法具体例

社会の勉強法としては、とにかく膨大な量の知識を詰め込まなくてはならないと気負わないことです。歴史であれば時代ごと、地理であれば都道府県ごとに、など範囲を狭くして勉強します。

その際も、ひとつの内容に対して覚える内容を三つだけに絞るなどして、負担を大きく感じないようにすることが肝心です。

例えばひとつの内容に対して、三つのキーワードを覚えれば、それを繋げる文章をつくろうと考えるだけで、思考力が必要な問題にも向き合うことのできる力が身に付いてきます。

2chではどんな社会の勉強法がいいって言われてる?

・同じテキストに繰り返して取り組み、知識の定着をはかる
・全体像を把握するための工夫として、歴史であれば過去→現代という流れで一度目に取り組んでいれば、二度目は現代→過去に遡るなどして単調な暗記に陥らないようにする
・テキストを奇麗なまま残すのではなく、自分の字や補助線、ゴロあわせ野言葉、挿絵など、自分の字をかき込んでいく。
・試験では漢字で書いて答えられなければ意味がないので、見て覚えるだけでなく、繰り返し書いて覚える
・覚えた知識は使わないと定着しない。定着させるために、定期的な問題演習でその分野にふれるようにしたい

のような意見がありました。社会科は範囲が広く感じられ、その分、覚える量に負担を感じる場合が多いようですが、ポイントを絞りながら、声に発したり、実際に書いたりする勉強法で知識の定着を図っていけば、安定して得点を伸ばしていくことが可能です。

高校受験や中学受験の社会勉強法

高校受験でも、中学受験でも、知識がきちんと頭に入っている自信があれば、社会の試験は高得点がのぞめる教科です。
出来る問題に対してミスなく正答していくことが大切になります。

中にはとても細かな知識が問われたり、非常に難しい思考を求められたりする場合もありますが、そこでの失点に惑わされてはいけません。
コツコツと正答を重ねていくための準備ができていれば合格に必要な点数には十分なのです。

自信をつけるためにも、覚えるポイントを絞って学習することが苦手意識をもたず、知識が定着していく有効な勉強法です。
どこまでが問題となっているのか、どこからが聞かれる知識ではないのかを意識して、問題演習を見返して確認する作業が得点を伸ばすポイントになるでしょう。

おすすめ参考書

『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)

受験のための社会科学習とわりきって、戦略的なアプローチを示唆してくれる一冊。必要なものとそうでないものを見極める受験社会に取り組む前に読みたい。

『高校入試合格でる順 社会』(旺文社)

出題率の高い問題に触れることの出来る問題集。どの分野のどのような知識に比重をおくべきかが必然的にあきらかになる良書。出題傾向についても意識できるようになる。

社会勉強まとめ

上記からポイントを絞ると、
・入試問題を解く上で必要な知識とそうでないものを整理して、必要な部分をしっかりと覚える
・覚える作業には、声や手を積極的に動かして、カラダに染み込ませていく。
・短期集中ではなく、継続的にとりくんで、「正答出来る問題」をコツコツと増やしていく

という形になりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!