瞑想で集中力をUPさせる方法を解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

瞑想で集中力をUPさせる方法を解説!

集中力が高まらない時は瞑想をやってみるのはいかが?

瞑想で集中UP

集中力をUPさせる方法(瞑想編)

一般的に集中力の持続がきくのはだいたい1時間といわれてます。
そのため、集中力が途切れればその分やる気も起きなくなるということも出てきます。
そこでその集中力が途切れた時に行うのが瞑想。
瞑想といっても、どんな瞑想がいいのかわからない方が多いと思います。
具体的な方法を考察していきたいと思います。

瞑想で集中力がアップした方の口コミをまとめてみました。


・「勉強のやる前に瞑想を行うことで心が静かに、ゆっくりと机に向かい勉強を始めても雑念が出てきませんでした。」
・「心身ともにリラックスできて脳がすっきりする気分です」
・「何も考えないってかなりいい!」
・「すべての雑念を空っぽにするのは心が晴れた気分になります。」

など、かなりリラックス効果もあるようですね。
特に勉強前に瞑想をすると、集中しやくすなりあっというまに勉強が2時間が過ぎてしまうという方もいらっしゃるようです。時計を見ることも忘れるぐらい集中力があがるようですね。

では瞑想の具体的な方法を紹介しましょう。

瞑想方法

具体的な瞑想方法の手順を紹介したいと思います。

1、部屋を薄暗くする

最初は慣れないと思うので、部屋を暗くすることをお勧めします。
慣れてくれば明るい中でもできますが、暗い雰囲気の方がゆったりと心を落ち着かせることができます。
とくにアロマオイルやアロマキットを持っているのであれば、暗い中で温かみのあるろうそくの火でうす暗く照らすのももっと良し!

2、座り方、呼吸方法

あぐらをかいてみましょう。両手は膝の上に置き手のひらを上に向ける。もしくは、印を結んでみましょう。
印の形は親指と中指をくっつけるだけ。それを右手、左手それぞれでくっつけます。
そのあとは、深呼吸をします。
深呼吸は腹式で、ゆったりと鼻から吸い、お腹が膨らんで限界を感じたら、ゆったりと鼻から息を吐きます。
だんだん慣れてきたら吐く息や吸う息のスピードをゆったり、細い空気を鼻から出すイメージで何度も繰り返します。
うまくできてるのかな?と考える人もいるかもしれませんが、それで正しいのです。
出来てない!と考えるよりも「これでいいのだ!」とすべてを受け入れましょう。
時間にすると何分でも構いません。
自分で気持ちいいと思えるぐらいでやりましょう。

3、雑念がでてきたらどうしたらいい?

基本瞑想は、己の息や姿勢を意識するものです。
姿勢が悪いとか呼吸が変だとか
自分自身を批評せず、今の姿勢や呼吸ありのままを受け入れる事。耳を傾ける事が大事です。
頭の中が真っ白の状態です。
しかしそうもいえず何か考えてしまう場合もあります。
そんなときは、ゆったりと流れる川を思い浮かべましょう。
そして、その川に落ち葉が漂ってます。
その落ち葉にあなたの考えてることをそっと載せて、向こう岸まで流してしまいましょう。
そんなイメージを作っていけば雑念は消えていきます。
雑念がどんどん出てくれば、どんどん向こう岸まで落ち葉に乗せて流していきましょう。
それを続けるだけでも内側と向き合えるため相当な瞑想効果が出てきます。

4、何分ぐらいやればいいの?

基本瞑想は、時間は関係ありません。思いの向くままやればいいと思います。
最初は1分でもいいし2分でも・・・だんだんとやっていくと習慣づくためどんどん長い時間できるようになります。
勉強時間との関係もあるため、10分ぐらいでいいかもしれません。
時間が気になるようでしたら、

・タイマーをセットしてみる
・飽きるまで赴くままやってしまう

などいろいろな方法があります。

瞑想で集中するポイントまとめ

瞑想を行う方法を具体的に紹介いたしましたが、ポイントは、
・姿勢や呼吸法をそこまで気にせず、すべて認める
・あぐらをかく
・暗い雰囲気でアロマを炊いてみる
・時間を気にしない
・雑念は小川に流すイメージ

上記を踏まえてやってみましょう!
瞑想で頭がすっきりして記憶力もUPする人もいるようです。
是非集中できないときは瞑想も挑戦してみてはいかがでしょうか。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!