英語の文法(SVOC)の基礎勉強方法を解説のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

英語の文法(SVOC)の基礎勉強方法を解説

英語の文法(SVOC)の基礎勉強方法のポイントを解説します

英語文法勉強法

SVOCで英語の文法を学ぶ基礎勉強方法とは

英語の文章は5つの文型に分かれています。SVOCやSVOOとは、その文型を説明したものであり、それぞれの表し方は以下の通りです。

S:Subject(主語)

V:Verb(動詞)

O:Object(目的語)

C:Complement(補語)

他にも、修飾語であるM(Modifier)がありますが、これは文型に含まないものとされています。
文型に修飾語が何個ついても、文型の分類は変化しません。
このSVOCやSVOOは、英語の基礎勉強方法の一つとされており、いまではほとんどの中学校の英語の授業で教えられています。
いきなり第五文型から始めるのではなく、まず最初はSV文型(主語+動詞)のように、単純な文型から学んでいくのが基本です。
その後、SVO文型、SVOO文型…と、ステップさせて勉強すると効率が良いでしょう。

高校英語で学ぶ文法の基礎勉強方法とは

高校生ともなると大学受験のための勉強だけでなく、将来においての英語の必要性を感じて英語を学びたいと考える頃だと思います。
ここでは、英語の授業で遅れを取らない為にも、文法の基礎的な勉強方法をご紹介したいと思います。

まずは文法の日本語訳や英訳がしっかりできるように単語を覚えることから始まります。
中学で覚える単語の数はおおよそ1500〜2000個と言われています。比べて、高校ではその倍の4000個もの単語を覚えるのが理想です。
もちろん、これは一晩で覚えられるものでなければ、1か月あっても覚えられない範囲です。
言わずもがな、英語とはマメに勉強しなければならない科目だということです。単語を覚える方法として、以下のコツがあります。

・単語は声に出しながらノートに書くと覚えやすい。
・単語を使って自分で英文を作る
・覚えられない単語はノートにとって持ち歩く

勉強家は複数の問題集を持っているイメージがありますが、問題集は一冊で事足ります。
自分に合った勉強法というものがありますが、少なくともガムシャラに勉強するよりは計画的に行った方が効率が良いでしょう。

英語文法の基礎勉強法のおすすめ具体例

英語の勉強は他の教科とは違い、徹夜勉強だけでは身に付きません。
例え試験前の一夜漬けが功を成したとしても、その後も勉強したことを覚えていなければ意味がありませんので、英語はコツコツ勉強をして地道に覚えていくのが一番です。
その中で、やってはいけない勉強法をご紹介します。


まず一つ目は、計画性のない勉強です。
最低でも、1日の勉強量は予め決めておきましょう。大切のは勉強を長く続けることですので、1日に10時間とか勉強して燃え尽きてしまっては意味がありませんので気を付けましょう。
そして次にやってはいけないことは、授業を受けっぱなしで終わってしまうことです。
学校の授業で聞いたこと、学んだことはノートに書き留めたのち、帰ってから復習をしましょう。
授業を1回聞いただけでは、なかなか覚えられないと思います。

2chの英語基礎勉強方法

2chのオススメ英語勉強をまとめてみましたので、ご参考になればと思います。

・声に出して勉強する
・電車内とかでも勉強する
・教科書には書き込まない
・洋画や洋楽などをフル活用する
・ひたすら書いて身体で覚える

ほとんどがよくある話ですが、海外ドラマを観てリスニング力を養うのは良いアイディアだと思います。
参考書に付属されているCDなどは、やはり初心者でも聴き取りやすく作られており、使われる単語も優しいものがほとんどです。
英会話能力などを上達させたい場合などは洋画や洋楽のほうが良いかもしれません。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!