ロザン宇治原の勉強法を詳しく解説!のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

ロザン宇治原の勉強法を詳しく解説!

インテリ芸能人のノートの取り方やポイントを解説します

ロザン宇治原の勉強法

宇治原って?どんな人?

日本のタレントである宇治原史規氏をご存じでしょうか。
タレントである宇治原氏ですが、宇治原氏は頭脳明晰であることが有名です。
学校の成績は常にトップクラスであり、受験生時代には京大模試で全国2位になってこともある秀才です。
高学歴であるのに芸能活動を行う姿に両親は反対をした時期もあったが、その熱意を認めて長年の末に許されたというエピソードもあります。
物を知ることで視野が広がり、人との話題も増えると言っており、分からないことがあればそのままにせず、すぐにインターネットや新聞で調べたそうです。
そんな頭脳明晰な宇治原氏の勉強法は人気であり、たくさんの人から高評価を受けて人気となりました。
ここでは、そんな勉強法をご紹介したいと思います。

宇治原の勉強法ノートの作り方

宇治原氏は塾には通わずに独学で勉強をしていたそうです。そしてしっかりと勉強計画を立てていました。
宇治原氏の勉強法の一つにこんなものがあります。
それは、ノートはぎっしり書かずに余裕をもって書くということです。1ページにぎっしりと文字を並べたり、何色ものマーカーで色を塗ると覚えづらいという。
ペンはなるべく単色。使っても赤ペン程度で他は使わないよう心がけていた様子です。
確かに、改行や空白スペースを有効に活用していれば見やすいですね。独学かつ、このように勉強していたのですので、効果は高そうです。

宇治原の英語の勉強法

宇治原氏は英単語などを淡々と覚えるのが苦手だったようです。
とりあえず、英語は積極的に使って覚えていたそうで、機会があるたびに英語を使いました。
鉄則が、記憶力の低下は「すぐに調べる」ことで防ぐということです。
そして徹夜は避ける。脳は寝て休めることで記憶するので、脳のメカニズムを崩さないように心がけていました。
他にも、教科書にアンダーラインは引かなかったようです。
「教科書に載っていることなんか全部重要やん」
宇治原さんはアンダーラインを引かない代わりに、「書く、声にだす、歩きまわる」という方法で暗記していたそうです。

宇治原がアメトークで放映された勉強法のまとめ

宇治原氏がアメトークの企画「勉強しかしてこなかった芸能人」で勉強法を紹介していました。
宇治原氏は1日11時間も勉強をしていたそうです。
そこまで根を詰めなくてもいいが、一日に少しでも良いので勉強をすることが大切だと言ってます。
継続は力なりとは言ったもので、勉強とは長く続けることに意味があり、いまでも1日に2時間程度は勉強をしているようです。
大切なのは、周りのペースに流されないで自分のペースに合わせて勉強をすることだそうです。
王道である「教科書にマーカー」はしません。教科書に書いてあることは全て大切なことなので、歩いたり声に出したりして身体で覚えてきた様子です。
本当にそうしてきて高学歴をたたき出したのですから、ぐうの音も出ませんね。

宇治原勉強法のポイント

20代 性別:男

上記をまとめてみると宇治原の勉強法のポイントは
・徹夜はしない
・分からないことはすぐに調べる
・少しでも良いので勉強は毎日やる
・自分のペースで勉強をする

となりました。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!