fpの勉強法(3級、2級、1級、実技)のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

fpの勉強法(3級、2級、1級、実技)

ファイナンシャルプランナーの級別勉強法を解説

fpの勉強法

fp3級に合格するための勉強法・実技対策

ファイナンシャルプランナー(fp)資格の第1歩である3級。
fpの試験は年に3回、学科試験と実技試験があり、どちらもマークシート方式で行われます。
合格の目安は6割。

3級では、税金や年金、金融、生命保険、相続、不動産など、お金に関係するあらゆる分野の基礎的な部分を学びます。
3級の資格を取ったからといって仕事にすぐつなげるのは難しいですが、日常生活で実際に活かせる内容ばかりなので興味を持って勉強しやすいでしょう。
自分の人生設計とお金の使い方を考える良い機会になります。
合格すれば2級の受験資格も得られます。

勉強を始めるなら、まず自分が使いやすいテキストを手に入れましょう。
どの内容もしっかり勉強したいなら、試験機関が出しているテキストがおすすめ。
短期間で合格を目指すなら、ポイントをしぼったテキストを選びます。
勉強は、まずテキストをひと通りざっと読み、過去問を解いて、わからないところはテキストに戻って確認することを繰り返します。
過去問は問題集を購入してもよいですし、インターネットのサイトでダウンロードすることもできます。

過去問を何度も解くのがポイント。
すきま時間もうまく利用していきましょう。
実技試験は、個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務のどちらかを選び、同じように過去問を繰り返しましょう。
保険の仕事をしているなら保険顧客資産相談業務の方が仕事に活かせます。
そうでなければ個人資産相談業務が取り組みやすいでしょう。

fp2級に合格するための勉強法・実技対策

2級の試験概要は基本的には3級と同じですが、実技試験が記述式という点が違います。
受験資格も3級合格者かAFP認定研修修了者、2年以上の実務経験者となっているので、きちんと確認しておきましょう。
AFP認定研修修了者はfp2級に合格するとAFPの認定が得られます。
3級合格者やAFP認定研修修了者なら基本的な事項は理解できているはずなので、最初から過去問を中心に勉強し、わからない部分をテキストで確認するという流れがおすすめです。

基礎に不安がある場合は3級のテキストを読み、過去問を解きましょう。
3級のテキストを完全に理解できれば、2級の合格ラインの6割をクリアできます。
テキストでもわかりにくい部分や法改正については、インターネットで調べておきましょう。
実技も過去問を繰り返し解くことで、パターンや解き方がわかってきます。

実技の科目は、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、保険顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務の4つがあります。
3級で受けた実技の科目を選ぶと効率的。
3級と2級を受けるなら、時間をあけずに続けて受験する方が忘れてしまうことが少なく、勉強時間も少なくすみます。

手ごわいfp1級をクリアする勉強法・実技対策

2級までは独学でも十分に合格を望めましたが、1級はかなり手強く、しっかりとした対策が必要です。
まずは、受験資格をチェック。

実務経験が必須ですのでよく確認しておきましょう。
試験は2級や3級と同様に学科と実技がありますが、学科と実技は別の日程で行われ、学科合格者が実技試験(筆記形式)を受験できることになっています。
AFPの認定を受けてCFPの資格審査試験に合格している人はfp1級の学科が免除されます。

実技試験は、試験機関によって面接か筆記かを選べます。
自分の得意不得意を考えて選びましょう。
また、どのようなコースでfp1級を目指すかもよく考えておく必要があります。
1級は受験者の数も少なく、受験対策講座や通信講座も2・3級に比べて少なくなっています。

1級は受験者の数も少なく、受験対策講座や通信講座も2・3級に比べて少なくなっています。
基本的な勉強法は2・3級と同じで、テキストと問題集を揃えてひと通りやって、過去問を繰り返し解くことです。
この方法だと法改正に対応するのが難しいので、試験機関などが実施している受験対策の講座や通信教育を利用するのも効果的。
インターネットのfp1級対策サイトも役立ちます。
うまく情報収集して効率的に合格を目指しましょう。

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!