itパスポートの勉強方法のことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

itパスポートの勉強方法

itパスポート勉強法を解説

itパスポート勉強法

cbt方式って?itパスポート試験をよく知って勉強法を考えよう!

現在の社会では情報化が進み、日常生活でPCや携帯電話、スマートフォンなどの情報機器を使うことが普通になっています。
itパスポート試験は、社会人として持っておくべき情報技術(Information Technology; IT)に関する最低限度の知識を問う国家試験で、情報処理技術者試験の入門レベルに位置づけられています。

受験資格は特になく、社会人だけでなく、これから社会に出る学生でも受けることができます。
ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3つの分野から出題され、IT技術に関する内容だけでなく、経営戦略やプロジェクト管理等に関する知識も必要です。

試験時間は165分。
出題数は100問。
合格基準は、総合評価で1000点満点で600点以上、3つの分野の分野別評価でそれぞれ1000点満点で300点以上となっています。
試験は、CBT方式(Computer Based Testing)で行われ、コンピュータに表示された問題(四肢択一式)にマウスやキーボードを使って答えていきます。
CBT方式についてはITパスポート試験の公式サイトに操作説明があるので、不安な人は確認しておきましょう。
試験用のテキストで勉強することも大切ですが、日頃から経営やマネジメントにも興味を持つようにして、わからないことは調べるなどしておくことも必要です。

知恵袋や2chのクチコミを参考勉強法

知恵袋や2chの口コミを見ていると難易度や過去問についてかなり意見が分かれています。
非常に簡単なのでそんなに勉強しなくても大丈夫という意見から、CBT方式になって問題がランダムで出題されるので
「難しくなった」
「過去問を勉強すれば大丈夫」
「過去問だけでは対応できない」
など、読んでいるとどうしたらいいのかと迷ってしまうかもしれません。

もともとIT機器を使うことに抵抗がなく基本的なことを自然に知っている人や、すでに仕事で経営戦略やマネジメントに関わっている人には簡単に思えるでしょうし、全くの初心者なら難しく感じるでしょう。
でも、基本的にはテキストを読み、過去問を解くことで対応できます。
過去問を解くときは単に正解を確認するだけではなく、正解以外の選択肢はどこが間違っているのか、用語選択なら他の選択肢の用語の意味は何なのかを確認していくようにしましょう。

試験では正解を一つ選ぶだけでなく、正しいものをすべて選ぶ方式もあるので、当てずっぽうで正解するのは難しくなっています。
2進法や損益分岐点などに関する計算問題もありますが、公式を覚えれば解ける問題なので、基本的な公式はしっかり理解しておきましょう。
CBT方式になってから、過去問と全く同じ問題が出ることはほとんどなくなっています。
過去問は過去の傾向を知って効率的に勉強するためのもので、丸暗記をすればいいわけではありません。

ストラテジ系問題を制するための勉強法

全体の35%がストラテジ系から出題されます。

内容は、企業と法務、企業戦略、経営戦略ですが、itパスポート試験は広く浅く知識が問われるので、実務経験のない学生でも理解して覚えれば解ける問題です。
社会人であれば馴染みがある内容なので、勉強するときは自分の理解を確かめるような感じになるでしょう。
まずはストラテジ系の過去問を一度解いてみると、自分が今の時点でどれくらい理解しているかがわかります。
正解が多ければ、過去問を中心にしてわからない部分をテキストで確認する方法が効率的です。

逆に、過去問がちんぷんかんぷんの状態なら、まずテキストを一通り読んで基礎を勉強してから過去問にとりかかりましょう。
過去問も解けない問題が多いはずですから、答えを見てテキストで確認することを繰り返しましょう。
だんだんと使われる用語や考え方、問題の傾向がわかってくると思います。

経営や戦略などについてインターネットなどで調べて、読みやすい記事に目を通して見るのもいい勉強になります。
実際の仕事の中で勉強したことがどのように使われているのか、こんな場合にはこんなふうに考えていくのか、ということがわかっておもしろいですよ。
もちろん、それだけでは試験に合格するのは難しいので、勉強に行き詰まったときの娯楽としておすすめします。
インターネット上に対策サイトもたくさんあり、出題のポイントも説明されているので参考にするといいと思います。
合格目指してがんばってください!

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!