社労士の勉強法まとめのことを解説!

勉強JAPAN

  • SEARCH

社労士の勉強法まとめ

勉強時間、仕方、順番、スケジュール、楽しくするコツなど解説

社会の勉強法

社労士の勉強法

社労士の勉強法の前に、まず社労士の試験とは何なのかをある程度知っておいたほうがいいです。
社労士の試験は内容も理解しながら暗記をしていくという試験。
労働基準法、国民年金法、その他法律を合わせて10教科以上もあります。
その10教科の内容を理解しながら暗記をしていくという形ですすめる必要があります。

社労士の勉強時間ってどのくらい必要?

社労士の試験に受かるための勉強時間はおよそ1000時間
一日3時間×365日=1095時間なので毎日最低3時間以上勉強する必要があります。
しかし、600時間しかやってないで受かったという人や、1500時間やって受からなかったという人もいるので
一概に勉強時間をたくさん増やしたからと言って合格するとは限りません。
短い時間で受かった人は、

・ポイントを抑えたとか
・試験前に全教科の教科書を通読した!
・運です!

などそのような方も多いです。
社労士の試験内容ははっきりいって勉強を沢山すれば受かるという確信がもてないという点もあります。
学校やテキストで勉強したことが無いような問題が出たりなど、その年によって内容が違う場合があるのでギャンブル試験とも言われているようです。
2013年の合格率は約5パーセントと超難関試験だったようです。

社労士の勉強の仕方やコツを解説!

それでは社労士に受かるためにはどうしたらいいのか。
方法はいろいろネットでも落ちていますが、一番手っ取り早いのはお金を払って学校に行くことです。
お金を払ったというもったいなさと高い授業料を払ったという点から集中しやすくなります。
学校に行っただけでは受からないので、毎日教科書に目を通すことが必要です。

覚え方はどうしたらいい?

全体の概要を把握してから細かいところを覚えていくという方法がベストなようです。
それ以外では、

・過去問は過去10年分を5回以上繰り返す
・テキストを毎日さっと読み流しをする
・学校で習った後は過去問と読み返し
・複数教科を同時にすすめる

などです。
試験範囲が10教科もあるため、ひとつの法律に集中して終わってから次の教科となると、前にやった教科を忘れてしまうということが多々あります。
なので最低でも3教科同時にすすめるのがいいかもしれません。
たとえば、1時間ずつで3教科にわければ、3時間という形になりますね。
それを一年間みっちりやります。

コツは?

コツをネットから拾ってみると

・内容を理解してから暗記する
・数字なども暗記しなければならないため語呂合わせ
・マインドマップ方法で毎日全教科の本を30分で読む

などでした。

勉強の順番は?

社労士勉強の順番は、最初は労働基準法、安全衛生法、労災、雇用保険法、健康保険法、年金という流れにしたほうがいいです。
学校でも流れは最初は労働基準法から入っていく学校が多いです。
労働基準法で学んだことから派生させて覚えていくという法律が多いため、最初は労働基準法から勉強しましょう。

勉強のスケジュールの立て方は?

スケジュールはある程度でいいので決めた方がいいです。
上記でいったように、基本を抑えた後は教科は3教科同時に進めていきます。
時期によるスケジュールの組み方
●テストまで6ヶ月前
一ヶ月で全ての教科を終わらせるのは難しいので1ヶ月で5教科終われるようなスケジュールを立てていきます。
スケジュールをたてると自分がどこまでやったのかなども確認できるためやる気にもつながります。
できればスケジュールはかならず立てたほうがいいでしょう。
特にカレンダーなどを買って書き込むといいです。
●テストまで3ヶ月前
テストまで残り三ヶ月前になったときは全教科を毎日進めれるようにしたほうがいいです。
でも全教科はかなり難しいので、できれば5教科で一日ごとすすめていくほうがいいでしょう。
●1ヶ月前
全教科毎日見る。(相当きつい時期ですがなんとかちょっとでもいいのでやったほうがいいです)

勉強がつまらないと思ったら?

暗記が多い科目なのでつまらなくなることが多々あります。
そんな場合どうしたらいいのか・・・。
社会人であれば労働基準法や雇用保険、労災、年金関係は全てにおいて自分にかかわってくる問題です。
特に労働基準法は、現状の会社と比べることができるためかなり覚えやすいです。
ブラック企業で働いている人であればかなり怒りを感じるかもしれません。
そのぶん怒りを覚えた分覚えやすくなるという感じです。
安全衛生法は暗記が主になります。ここだけは耐えて暗記するという形で進める方向になります。

勉強のポイントまとめ

全体的な勉強のコツです

間違えた問題は、朝通勤の時間と昼休みを使い復習、夜はメインの勉強

複数教科をすすめる

全体像を把握してから細かいところをつめていく。

内容を理解する

自分と会社を当てはめて考えてみると覚えやすい

あなたの勉強方法は?

下記よりあなたの勉強方法を投稿する

スペシャル特集

勉強名言特集

  • 勉強が捗る名言特集

    勉強のやる気が出ないとき・・。勉強のやる気を出したいとき。こんな偉人たちの名言に頼ってみるのはいかがでしょうか。

続きを見る

アクセスランキング

みんなが気になってる勉強トピックはこれだ!